スポンサーリンク

ゴムのベタベタの取り方は消毒用エタノールでキレイに!原因や除去する方法

ゴムのベタベタの取り方 裏技・豆知識
スポンサーリンク

ゴム製品を長時間放置するとなぜベタベタになるのでしょう?
シリコンカバーやゴム製品は石油から作られているのですが、保管状態の悪い(例えば湿気の多い場所)、ウレタンゴムまたはポリウレタン樹脂部分がどうしてもに劣化したため、スニーカーのソールが割れボロボロになったり輪ゴムがベタベタして汚れます。 やっかいな化学反応ですね。

スポンサーリンク

ゴムのベタベタの取り方は?ベタベタの原因とは !

ゴム製品のベタベタの原因はズバリ加水分解が原因です。
この加水分解という現象は化学物質が水と結合すると、化学分解が起こり、別の化合物が生成される現象です。

目に見えない水蒸気、つまり湿気は常に空気中に浮遊しています。 この湿度の影響でゴム製品の加水分解が起きるのです。
日本の夏は湿度も高く蒸し暑いでよすね。 そのため、特に梅雨や夏に加水分解が起こりやすいと言われています。

ゴム製品を作る際に混ざった可塑剤が. (高分子,合成樹脂に流動性を与え成形しやすくしたり,成形品に柔軟性を与えるために添加される物質をいう。)加水分解して、プラスチックやゴムにべたつきが発生すると言われています。

ゴムのベタベタを消毒用エタノールで除去する方法

ゴムのベタベタを解消する方法をお伝えします!

エタノールには「無水エタノール」と「消毒用エタノール」があります。無水エタノールは非常に刺激的で、手袋使用、換気、保管が必要でとても扱いにくいです。

ゴム製品のベタベタを解消する最も信頼できるアイテムは無水エタノールです。ドラッグストアで1500円くらいで売って​​います。

無水エタノールは、その名のとおりエタノール含有量が99%以上で、ほぼ水分を含みません。

消毒用エタノールは、無水エタノールを精製水で希釈したものです。

そこで、消毒用エタノール濃度80%の比較的安価な消毒用クロスをおすすめします。

消毒用アルコールで拭くと、時間がたつと揮発してすぐに乾きます。やさしくなじませるだけで、べたつきがどんどん落ちます。

これで本当に綺麗なのかなと思っていたのですが、汚れが落ちてとても気持ち良かったです。アルコール消毒はすごいですね。

ゴムのベタベタに困っている方、ぜひお試しください!

この加水分解を防ぎ、長期間保管する貴重な物の場合は、乾燥剤を入れた密閉容器または密封されたプラスチック製の箱に保管しても問題ありません。

海苔やお菓子に入っている乾燥剤を使用し、直射日光を避けて保管してください。

消毒用エタノールがない場合の代用品

ゴム製品の劣化によるベタつきは、石鹸や洗剤ではほとんど効果がありません。では、ゴム製品の劣化によるベタベタを解消するにはどうすればよいのでしょうか?

ここで、いくつかの方法を紹介します!

買わなくても、家にあるもので試してみましょう。

消しゴムでこする

最も簡単な方法は、消しゴムでゴシゴシこすると、削りかすがベタベタをとってキレイになります。
ほとんどの家に消しゴムがあると思うので、気軽に試してみてください。

しかし、あまりにも頑固なゴム製品のベタベタを落とすのが非常に難しく、複
雑な形状には使えないのも弱点です。

塩素系漂白剤(キッチンハイター)を使う

原液のままだとゴムが溶ける場合がありますので、水で薄めてご使用ください。
1キャップを1リットルの水で薄めます。取り外せる場合は、容器につけ置きしてください。
取れない場合は、溶液をしみ込ませた雑巾をゴム部分に巻いてやってみましょう。どちらも10分程度放置するとベタベタが取れます。そして流水で30秒くらい洗えば完了です。

重曹を使う

重曹を水に溶かすとアルカリ性溶液ができるので、これもキッチンハイターと同じです。
ゴムのベタベタに効果的です。
水100mlに対して重曹小さじ1杯の割合で重曹水を作ります。
つけ置きする時間は約半日です。不要になった歯ブラシでブラッシングするとよいでしょう。

まとめ

ゴムのベタベタを落とすには、

消しゴム、塩素系漂白剤、重曹、エタノールなどいろいろあることがわかりました。

ゴムがベタつくようなら、私が紹介した方法を試すことで簡単に掃除できます。
ただ、ゴム製品がベタベタしてくるのは経年劣化により加水分解を起こすからです。 日本は高温多湿の環境であるため、ゴム製品の加水分解を完全に防ぐことはむずかしいです。 ゴム製品は、どんなに気をつけていても、通常、3~5年程度で経年劣化により加水分解してしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました