スポンサーリンク

ヴァセリンの使い方を伝授!顔に使う場合はパックがおすすめ!毛穴の黒ずみにも!

ヴァセリンの使い方を伝授!顔に使う場合はパックがおすすめ!毛穴の黒ずみにも! 美容
スポンサーリンク

本格的な夏を前に、紫外線量が一年の内で一番多くなるこの時期。お肌の手入れも気になることが増えてくる季節ですよね。大量の紫外線を浴びることは、肌の乾燥や老化にも繋がっていくということを聞いたことがある方も多いはず。

そこで、この記事では少しでも肌が元気になれるお手伝いをしたいと思います♪

スポンサーリンク

ヴァセリンの使い方を伝授!顔に使う場合はパックがおすすめ!

夏は、紫外線とエアコンによる影響で意外と肌の乾燥は進んでいるんですよね。また、加齢等によりお肌の水分量もどうしても減少してしまうので、夏の季節でも保湿はやはり大切です!

肌の保湿を助けてくれるアイテムは多くありますが、ドラッグストアでお手頃な値段で手に入り一年中使えておすすめなのが、ヴァセリンです!乾燥する季節にヴァセリンを使ったことがある方は多いと思いますが、実は冬だけでなく一年中使えとても優秀なんです!

そもそもこのヴァセリンとはどういった商品なのでしょうか。

ヴァセリンとは、ユニリーバ社からでている商品名であり、原材料名はワセリンです。ワセリンの原料は石油を高純度に精製したものですが、医療現場でも使われている安全性の高い皮膚の保護剤です。肌表面をバリアし、肌に刺激となるほこりや化学物質などをシャットアウトし、肌に蓋をすることで乾燥や水分を逃さない優れたアイテムです!

ヴァセリンは保湿力が高いので、乾燥が気になる部分に全身使えるのですが、おすすめの使い方は、顔全体をパックする方法です!

使い方は簡単です。

ぬるま湯で洗顔し、汚れをしっかり落とす

化粧水や美容液等のケアをした後、ワセリンを薄く塗る

そのまま就寝し、翌朝洗顔後、冷水で毛穴を引き締めれば完了

鼻や小鼻など、黒ずみが特に気になる箇所には少し多めにワセリンを塗っていただくのもおすすめです。ただ、注意していただきたいのは、ワセリンを塗って寝ると、寝返りをした際に枕や布団にワセリンがついてしまうため、マスクなど顔をカバーするものを使ってくださいね。ワセリンを落とすことは、実は結構大変です。

また、パックの頻度としては、毎日行っても問題はないのですが、週1~2回スペシャルケアがおすすめです。パック後すぐに効果が表れにくいかも知れませんが、根気よく続けていけば、毛穴の角栓も取れ、お肌が元気になっていくのを実感出来ると思いますよ♪

無理のないペースで継続していきましょう!

ヴァセリンは毛穴の黒ずみにも効果が!綿棒を使うとよく取れる!

鏡を覗いた時に、小鼻の周りの黒ずみが気になることってありますよね。その黒ずみの正体は、角栓なんです。角栓は、タンパク質と皮脂、そして30%程の油分から成っていて、健康な状態の肌であれば、肌のターンオーバーに合わせて自然と体外へ排出されていきます。

ところが、肌サイクルが乱れていたり肌が荒れている場合は、汚れや角質等が自然に排出されず毛穴を目立たせる原因になっていきます。

そこで、この小鼻の毛穴の黒ずみにも、ヴァセリンを使うのがおすすめです!

使い方は、先程ご紹介した顔全体のヴァセリンパックと同じ。

洗顔後毛穴が開いてから、黒ずみが気になる小鼻の周りにヴァセリンを塗ります。この時に、気になる箇所に綿棒を使って30秒ほど優しくマッサージをすれば、毛穴の汚れが取れていくことが実感出来ると思います!

注意点としては、毛穴が傷ついてしまうので、綿棒で決してこすったりせず、あくまで優しくマッサージしてくださいね!

お風呂でやるとさらに効果的!

ヴァセリンパックは、就寝中に使うことももちろんおすすめですが、湯船に浸かっている時に行うことでさらに効果的になるとも言われています!

お風呂でのヴァセリンパックの方法もとても簡単です!

しっかりと洗顔で汚れを落とす

濡れた状態のまま顔全体にヴァセリンを薄く塗り、10分~20分程入浴する

その後、ぬるま湯で洗い流す

毛穴の黒ずみの原因の一つとなっているのが角栓であるということは、先程もお伝えしましたが、お風呂に入ると毛穴がよく開いた状態になり、ヴァセリンパックをすることで角栓に含まれる油分が溶けて、洗顔時に角栓を取り除いてくれます。

お風呂でのヴァセリンパックの注意点としては、ヴァセリンは少し硬めのテクスチャーであるため、適量を手の上に置いて温めてから、顔に塗るようにしましょう。そうすることで、顔をこすって肌を傷つける心配も少なくなりますよ!

まとめ

ヴァセリンには、フェイスパック以外にも様々な活用方法があります。

ヴァセリンを使ったリップパック

ヘアケアに使い枝毛を予防

ネイルケア

革製品のお手入れ

などなど、ヴァセリンを常備しておけば色々なことに使えて本当に便利ですよ!ただ、ヴァセリンのあの独特のべたつき感が苦手な方も多いですよね。ヴァセリンを使用する際は、先ずは少量から、様子を見ながら量を調整して使うようにしましょう。顔だけに塗る場合は、米粒の半分の量でも十分ですよ!

もし顔に多く塗ってしまうと、空気中のホコリや汚れを吸着し、それが原因で肌トラブルを引き起こしてしまうこともあるので、使用量には注意が必要です。

これから本格的な夏を迎え、肌トラブルも増えやすい時期ですが、リフレッシュしたい時には、是非ゆっくりお風呂に浸かりながらヴァセリンパックをして、肌も心も癒される時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました